和文化おもてなし研究所について

和文化おもてなし研究所 概要
教室名 和文化おもてなし研究所
所在地
(山形・庄内教室)

〒997-0029
山形県鶴岡市日吉町9-2

TEL Tel: 080-2844-4608 (9:00?17:00)
メールアドレス こちらのフォームよりお問い合わせください。
ホームページ http://www.wabunka-omotenashi.com/
開所日 講座開催予定による(山形・埼玉・東京等)
休業日 年末年始
ブログ アメーバブログ:和文化おもてなし@人と文化むすぶ 和の心

おもてなしと和文化の継承

古来から伝わる文化の精神を大切に受け継ぎながら
私たちの暮らしの中にある伝統文化を
未来につなぐ和の文化・おもてなし としてをお伝えしております。
 

「和文化おもてなし研究所」主な活動

和文化おもてなし研究所では「企業研修」「接遇研修」「所作しぐさ講座」「着付け講座」を始め、
和の文化、おもてなし、東北・庄内の伝統文化等の研究・執筆活動、
商品開発のアドバイス、郷土民俗行事の調査・研究発表 等を行っております。
接遇(もてなし)所作しぐさ(ふるまい)着付け(よそおい)の3つを中心に、暮らしに活きる日本の文化を提案しています。

活動実績はこちらよりご覧いただけます

お伝えできる「和文化おもてなし」

和文化おもてなし研究所:塩田 紀久代(しおだ きくよ)

講師自身が実際に体験として学び、実務として日々行動・反省・改善を行ってきたため、机上の空論やノウハウだけではありません。
所作については、日本の所作・西洋の所作を日々、実務で身につけてこなしてきた環境にいた経歴があります。時代背景が重要視される映画の、所作指導という実績もあります。

映画撮影時、スタッフの方々にはとても助けられました。現場では俳優さん・女優さんに何をいわれても怯むことがなかったことで、スタッフの一人としての信用を得ることが出来ました。モノづくりの現場で、自分の立場を明確にして自分の提供する価値に対して遠慮しなかったことが、自分を強くしてくれました。

どんな逆境であっても、本気・情熱があれば、必ず助けになってくださる方がいます。
和文化を一人でも多くの方にお伝えする。伝統の橋渡しが、私のお役に立てることです。

今の時代、肉食系女子と草食男子が一般的のような世間の風潮ですね。それが良いとか悪いとかということではありません。
私は、肉食系女子でも昔ながらの奥ゆかしさを秘めた女性が増えれば、男性・女性共によいスパイラルが起こると思っています。

和文化には建てられる男性にとっても、建てる女性にとっても、喜ばれるのです。

和の文化は、堅苦しく難しいものではありません。
全て私たちの生活から生まれたものです。

相手と自分の心を癒し、心地よい時間をつくるもの。
それが和の文化だと、私自身の経験から実感しています。
ご家庭の和(輪)をつくる温かいコミュニケーションの秘訣もお伝えしていきます。

基本的には少人数での講座を行なっておりますが、企業様・団体様の講座・講演のご依頼もご相談ください。

特に所作指導者、時代所作指導者、日本の伝統文化の興業、現場監督や企業に対しての伝統文化のアドバイザーなどを得意としています。

詳細はご相談、お問い合わせください。


和文化おもてなし研究所*人と文化むすぶ和の心*|メールでのお問い合わせはこちらをクリック
和文化おもてなし研究所|お問い合わせ
  • HOME
  • 和文化おもてなし研究所のご案内
  • 和文化おもてなし研究所の講座案内
  • 執筆・活動実績
  • 講師紹介
  • 和のおもてなし「心」<接遇>
  • 和のふるまい「技」<所作しぐさ>
  • 和のよそおい「体」<着付け>
お客様の声おもてなし動画ブログ:和文化おもてなし「人と文化むすぶ和の心」

新着情報